もう、準備はできたか。

 第1条 公式フリーペーパー、公式パンフレットを手に入れよう!


 「早稲田祭2012」を思う存分楽しむために、まず公式フリーペーパー、公式パンフレットを手に入れてください!値段はもちろん無料です。10月中旬に配布する公式フリーペーパーでは一足早く「早稲田祭2012」に関する様々な情報を得ることができ、当日配布の公式パンフレットでは各企画情報から休憩所の場所など当日役立つ情報を知ることができます。まずはこの二つを手に取ってみてください!



 第2条 本部企画について知ろう!


 「早稲田祭2012」運営スタッフは、本部企画としてOpening FestivalやEnding Festival、ビジネスコンテスト、そして体育局各部の選手達と間近で交流できるイベントなど、様々な企画を打ち出しています。本部企画に行くことで「早稲田祭2012」をより楽しみましょう!



 第3条 参加団体について知ろう!


 早稲田祭には約460もの団体が参加しています。「早稲田祭2012」公式サイトでは参加団体を詳しく知ることができる参加団体インタビューを掲載しており、「早稲田祭2012」に参加する団体それぞれの特色や普段の活動の様子を知ることができます!参加団体について理解を深めることで各団体の企画に込められた想いや見所をおさえ、当日をより楽しみましょう!


 >>企画検索“Wasepedia”はこちら



 第4条 SNSを活用しよう!


 TwitterやFacebookなどのSNSを活用すれば、当日のリアルタイムな状況や、様々な情報を手軽に知ることができます。「早稲田祭2012」公式Twitterアカウントや公式Facebookページをチェックして、効率よく「早稲田祭2012」をまわりましょう!



 第5条 Pre-Eventに行こう!


 「早稲田祭2012」直前期にはPre-WeekとPre-Festivalという企画が行われています。Pre-Weekは当日参加する参加団体のパフォーマンスが見られるイベントです。Pre-Weekでしか見られないコラボレーション企画などもあります!Pre-Festivalは「早稲田祭2012」前日に参加団体や早大生が大隈講堂に集い、翌日から始まる「早稲田祭2012」に向けて気持ちを高め、一体感を創出するイベントです!Pre-Week、Pre-Festivalに興味がある方は「早稲田祭2012」公式サイトの本部企画ページをご確認ください。


 >>Pre-Eventページはこちら



 第6条 戸山キャンパスに足を運ぼう!


 「早稲田祭2012」は早稲田キャンパスだけで行われていると思われがちですが、戸山キャンパスでも様々な企画が行われています。記念会堂で催されるアーティストライブやダンスパフォーマンス、屋内に展示されている多くの芸術作品など見所がたくさんあります。「早稲田祭2012」に来たからには、戸山キャンパスにも是非一度足を運んでみてください!



 第7条 環境への取り組みを知ろう!


 例年10トンを超えるごみが出る早稲田祭では、ごみの10分別回収や、装飾の施された「エコステーション」と呼ばれるごみ箱を設置するなど、環境に配慮した取り組みを行っています。また、飲食物を販売する参加団体の皆さんにはエコ容器の使用をお願いしています。


 >>環境への取り組みはこちら



 第8条 休憩所、喫煙所、お荷物預かりの場所を確認しよう!


 「早稲田祭2012」を快適に楽しんでいただくために休憩所やお荷物預かり所を設置していますので、お疲れの際や大きなお荷物をお持ちの際は、ぜひご利用ください。
また構内は完全分煙となっておりますので、喫煙は最寄りの喫煙所にてお願いいたします!




 第9条 当日困ったことがあったら案内やインフォメーションへ!


 企画の開催時間や場所だけでなく、休憩所や喫煙所、トイレの位置に至るまで、何かご不明な点がございましたらお近くのインフォメーションまでお越し下さい。また、腕に腕章を付けている案内専門のスタッフがキャンパスを巡回していますので、お気軽にお声掛けください。誠心誠意、笑顔で対応いたします!



 第10条 日本一を体感しよう!


 「早稲田祭2012」の参加団体数は約460団体、来場者数は約16万人、予算規模は約2400万円です。これらの数字が示す通り、早稲田祭は日本最大規模の学園祭です。しかし「早稲田祭2012」運営スタッフは規模だけに留まらず、企画内容や来場者の満足度など、あらゆる面で日本一の学園祭を目指しています。「早稲田祭2012」に来場し、自分の肌で“日本一”を体感してみてください!



fotter