パレード

企画概要

挑めや踊れや、早稲田の地

総勢約600人、全27の出演団体が、それぞれユニークなテーマを持った6つの隊列に分かれて大学構外でパレードを行い、早稲田一帯を非日常の世界に染めます。
22号館前には立ち止まってパレードを観覧できるスペースも用意していますので、ぜひお越しください!

Waseda Night Fes.

パレードの最後に11号館前ステージで開催されるのは、Waseda Night Fes.です。
早稲田大学構外を練り歩いてきた隊列が、スタート時よりもさらに大きな熱量を持ってキャンパスに帰ってきます。
早稲田祭2016の1日目を締めくくる、熱気あふれる感動的なステージは必見です。

パレード隊列紹介

【第1隊列】 ”カオス”への挑戦

早稲田大学の最大の特徴は、そのカオスさ!なかでも早稲田のサークルは圧倒的な多様さを誇り、その数は600を超えます。その中でもジャンルがバラバラな4団体による、カオスで早稲田らしさあふれるパフォーマンスをお楽しみください!

【第2隊列】 ”一体感”への挑戦

早稲田祭や早慶戦などで見て取れる、早大生の強い一体感。 そんな早大生の強い絆を表現すべく、以下の5団体が”一体感”に挑戦します。 普段は見ることのできないサークル同士のコラボや、隊列の全団体による息のあったパフォーマンスにより、見る人は”一体感”を感じることでしょう!

【第3隊列】 ”伝統”への挑戦

歴史ある早稲田大学では、長年受け継がれてきた早稲田や日本の伝統をたくさんの団体が大切にしています。 そんな誇るべき伝統文化を味わうことができるのが、この隊列! あなたも、長い歴史を体感してみませんか?

【第4隊列】 ”新しい文化”への挑戦

伝統文化を大切にしつつ、常に新しい文化にも挑戦しているのが早稲田。 今年新たに創り出した早稲田文化である、WDM(ワセダダンスミュージック)は目が離せません! それだけではなく団体によるパフォーマンスや、今までにないコラボもぜひお楽しみください!

【第5隊列】 ”カワイイ”への挑戦

あえて早稲田らしくない”カワイイ”への挑戦! かわいさのイメージが薄い早稲田を、”カワイイ”でいっぱいにします! かわいさあふれる団体による、華やかでキラキラしたパフォーマンスをお楽しみください!

【第6隊列】 ”最大の熱量”への挑戦

早稲田といえばその熱量!とにかくアツイ!早大生は何をするにも常に本気です。 そんな情熱的な早稲田の中でも、真の熱いパッションを持った団体が大集合! 観客を巻き込んでの熱いパフォーマンスに大注目です。

企画担当者から一言

パレードの魅力は間近で早稲田の熱気を感じられ、一挙にさまざまなパフォーマンスを見られるところです。早稲田大学の周囲にいれば見ることができるので、ぜひ足を運んでみてください!