わせだ文庫

企画概要

わせだ文庫

早稲田文化の担い手として忘れてはいけないのが、出版物を作成・発行している早大生です。そこで、早稲田祭2016では、早大生が制作した新聞やフリーペーパーを休憩所に設置します。彼らの文章に添えられた早稲田文化を感じてみてはいかがですか?あなたの休憩時間を、わせだ文庫が有意義なものにします。

出演団体情報

団体名

出演団体コメント

The Waseda Guardian

ザ・ワセダガーディアンは80年以上の歴史を持つ、英字新聞会です!年に2回英字新聞を発行しており、政治からポップカルチャーまでさまざまなジャンルを取り扱っております。ぜひご覧になってください!

マスコミ研究会(ワセキチ)

『ワセキチ』とは、「早稲田の機知、あるいは奇知」に由来する新感覚フリーマガジンです。春・秋の年2回、主に大学構内で配布しています。大学生は微力だけど、無力じゃない。そんな想いを込めて制作しています。

Re:ALL製作委員会

前号の「ハト」に続く16号のテーマは「わがまま」です! いつもより自己主張してみると、また違った世界を知ることができるという想いが今号には詰まっています。わがままを貫いた結晶、ぜひ受け取ってください!

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会では月に1回、部活各局への取材をもとに新聞を制作し、毎号数千部以上を発行しています。今回出展している新聞ではリオ五輪での水泳部の活躍を始め、さまざまな部活の活躍を取り上げています。ぜひお手にとってご覧ください。

早稲田大学広告研究会

早稲田広告は「学生が広告について本気で考える」をテーマとした、広告のおもしろさを伝えるFPPです! 広告に興味の無い人でも楽しんで読んで頂けるように、工夫を凝らしているのでぜひお手にとってみて下さい!

早稲田大学馬骨会

ミュージシャン・平沢進を、様々な切り口から紹介する非公式ファン冊子です! 平沢進への愛が詰まっています。装丁やレイアウトにもこだわりました。馬骨会 渾身の一冊をとくとご覧あれ! (数量限定お早めに!)

早稲田リンクス

舞台は劇場にしかないとお思いですか? この『舞台雑誌』を手にとってお確かめください! 圧倒的ページ数なのにオールカラー! 圧倒的文字量だけどモリサワフォントで読みやすい!